社内ブラック

では「信用情報機関」に何故所謂「ブラックリスト」として掲載されてしまうのでしょうか。

それはまず各消費者金融業者が自社会員等についての個人情報や利用実績、返済実績はデータ化ます。

それにより、自社とした借り入れ者のどれだけ信用の置ける相手なのかを判断します。

例えば、滞納をどれほどしていたのかとか、現在の借入は収入に対してどの程度貸せるかなどです。

これによりカードの利用制限や融資不適格と判定される可能性があります。

これを社内ブラックと呼びます。

そしてこの情報は「信用情報機関」に事故情報として記録される場合がでてきます。

その「信用情報機関」は各社消費者金融がお互いのために共有し、初めての申し込みがある相手の場合には参考にして審査を行います。

「信用情報機関」はお金を借りる場合に共有することの旨をちゃんと規約等にて記載されていますので、勿論違法ではありません。

ただし、その審査の厳しさや甘さの基準は各消費者金融によって違いますので、一つの消費者金融業者に落ちたからと言って他の業者には審査が通らないとは限りません。

戻る