ローンの一本化しない方がよい場合


ローンを一本化することで返済がスムーズになる場合もありますが、反対に逆効果になってしまうこともあります。

いずれに該当するにせよローンの一本化をすることに対して不向きな場合もあるので注意が必要です。

ローンの一本化は、何かあるとすぐ消費者金融に頼ってしまい常に融資を受けている人には向きません。

色々な長所が、ローンを一本化する行為には含まれています。

これまで借りたお金を、おまとめローンや低金利融資で一本化できたとしても、それ以後も新たなローンをするような方には一本化自体が不向きです。

複数のローンをまとめて一本化した場合に生まれがちな現象があります。

一本化によって、借入金が少なくなったと思いこんでしまうというものです。

ローンの一本化は、元々あった借金の返済プランを変更するだけです。

ローンを組んだことによる実際の借入が帳消しになるわけではないのです。

一本化することで安い金利のローンに借り換えれば利息が少なくなることはありますが、元本は減らず、むしろ増えることが多いようです。

複数のローンを一本化して返済を行う時は、このお金を返すまでは新規ローンは組まないという意欲が重要です。

何社ものローンの返済が厳しい時は一本化は有効な方法ですが、今後こそ返済に失敗できないという危うさがあります。

必見消費者金融情報
借入れで困ったら
必見!今すぐ!クリック


必ず借りられる!
即日口座お振込み


ホントに急いでいる方
即決5分で振込OK


↓更に見たい方
消費者金融参考サイト

戻る